今回は職業指導員として働く方のリアルな仕事内容を紹介します。転職活動を考える際の参考にしてくださいね。

あかねのアイコン画像

あかね

実際に働いている方にインタビューを行いました!

仕事内容を紹介する人

職種

職業指導員

現在の年齢と性別

38歳/女性

勤続年数

2年間(37歳~38歳)

新卒?転職?

転職

職業指導員の仕事内容は?

精神障がい者向けにビジネスマナーやPCスキルなどを教える職業指導員をしております。こちらの事業所名は就労移行支援事業所という名称で、就職を希望する障がい者が様々なスキルを身に着けて就労を目指して日々訓練をしています。

利用希望の方は障害者手帳を取得し、障害者サービス受給者証が発行されたタイミングで通うことが出来るようになりますので、役所や保健所に所定の手続きが必要となります。

スタッフ

事務所は正職員が4名おり、全員が女性という事もあり、きめ細やかなサービスを心掛けております。

勤務時間

職員の就業時間は、朝8時45分から17時45分の8時間労働となっていますが、急な頼まれ事もあり、平均して月に20時間程度残業しております。反対に利用者は、朝10時から16時まで訓練を行います。

専門学校のようなイメージ

一斉授業形式で行うPC講座やビジネスマナーの他、就職面接練習や履歴書の書き方指導も個別に行っています。簡単に言うと専門学校のイメージに近いかも知れません。

利用者

通っている方の年齢は、高校を卒業した10代の方から50歳くらいの方までとても幅広いです。年齢を重ねている方はそれなりに知識もスキルもあるのですが、反対に頑固な一面もありますので、声をかける際は言葉に注意することもあり気を遣う場面もあります。

SNSでのトラブルも・・

やりがいも多くあるのですが一番大変なことは、利用者同士のトラブルです。事業所内で発覚した場合は注意できるのですが、SNSでもトラブルも多く発生しており、その場合は両方から話を聞いたりして解決方法を一緒に考えながら進めますが、目に見えないやり取りがある分とても大変です。

職業指導員に向いている人は?

幅広い年齢に対応でき、ある程度のストレスに耐えられる方が向いています。

利用者の方からひどい言葉を浴びせられることもありますので、それをサラッと流せるような応対スキルも身に着けているといいでしょう。

職業指導員になるために役立つ資格は?

特にこの職業指導員は特別な資格は不要ですが、何かしら飛び抜けているスキルを持っていると非常に役立つと思います。私は元高校教師で、進路指導に携わっていた経験を活かしたくこの職業を選びました。

面接の練習や求人票の見かたなど、就職全般の指導に現在関わっています。前職で関わっていたことをそのまま現在の仕事に生かせることが出来ていますので、とても良かったと思っています。


あかねのアイコン画像

あかね

ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で