今回はショッピングモールのアパレル店長で働く方のリアルな仕事内容を紹介します。転職活動を考える際の参考にしてくださいね。

あかねのアイコン画像

あかね

実際に働いている方にインタビューを行いました!

仕事内容を紹介する人

職種

ショッピングモールのアパレル店長
(東証一部上場のアパレル会社正規社員)

現在の年齢と性別

34歳/男性

勤続年数

12年間(22歳~34歳)

新卒?転職?

新卒

ショッピングモールのアパレル店長の仕事内容は?

ショッピングモールに出店しているアパレル店での店長職をしています。

一日の仕事の流れを紹介

一日の仕事内容は、お店の営業時間は10:00~22:00まで、今ほとんどのショッピングモールはこれぐらいの営業時間が多いです。

店長は必ず朝9:00時ごろ出社します。オープンまでの時間に前日までの売り上げ分析や、今日の方針などを朝礼時に確認するため日誌に書き留めます。

他のスタッフは、9:30ごろ入社し掃除などを始めます。

オープン15分前に朝礼を始めます。今日の売り上げ目標の確認や、業務スケジュールの割り振りなどを行い、スタッフ一人ひとりの目標を宣言させ、一日がスタートします。

営業中は商品整理や商品だし、清掃作業、売価変更や売り場変更などをやりながらお客様の入店を待ちます。繁忙期などは、流動客に対して呼び込みなども行い入店促進のため、声だしなども積極的に行います。

お客様が入店すれば、いかなる作業もやめ、接客に集中します。個人売り上げのノルマを達成するために、スタッフ同士が切磋琢磨し、コーディネートでの提案や単価アップ・関連販売を目指します。

早番・遅番を店長であっても基本的は取れるシフトにし、長時間勤務の無いよう、早く帰れるときは定時で帰ります。しかし、ほとんどが慢性的な人員不足の為残業です。

営業時間終わりには、しっかりと今日の反省を行い、終礼と日誌を記入して帰ります。すべての人事評価は、売り上げがあるかどうかです。

売れていれば正解なシビアな世界ですし、毎日が数字との格闘です。お客様の取り合いや、アパレルに就職する方にはおとなしい性格の人は少なく、自分の意見を言える人の集まりの為、常にスタッフ間の問題を抱えながらの精神的負担が大きいのが一番の特徴だと思います。

ショッピングモールのアパレル店長に向いている人は?

お客様と常に接する仕事の為、人と話すことが好きな方や、決められたルールや方針等を忠実にやり遂げれる人が向いていると思います。

ショッピングモールのアパレル店長になるために役立つ資格は?

以下は私の感覚ですが参考になれば幸いです。

販売に関する資格やカラーコーディネート検定は両方とも2級を取得し面接に行った為、かなり面接の感触は良かったです。入社してからもいろいろと役に立ちました。


あかねのアイコン画像

あかね

ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で