今回は保育士として働く方のリアルな仕事内容を紹介します。転職活動を考える際の参考にしてくださいね。

あかねのアイコン画像

あかね

実際に働いている方にインタビューを行いました!

仕事内容を紹介する人

職種

保育士

現在の年齢と性別

22歳/女性

勤続年数

2年

新卒?転職?

新卒

保育士の仕事内容は?

保育士とは主に子どもたちとともに生活をしながら彼らの生活指導、介助を行うお仕事です。もちろん子供たちの年齢により内容は多少差異ありますが、保護者からお預かりした子どもの面倒を見ていきます。

職場に関しては一般的なイメージ通りの保育施設が自身の現場となります。施設をかまえている園も沢山ありますが、ビルの一角などを園にしているところもあります。実際の業務は先ほど話したように子どもたちに対しての対応がメインとなります。

子どもがいる時は現場にいることがメインなので、書類作成や他の行事準備における作業などは子どもがいないとき(または昼寝中)に行います。

良いことは?

良いことは、大好きな子供たちに囲まれて仕事ができるので、自分の好きな仕事に就けていることのありがたみを感じられることです。

良くないことは?

良くないことは万年人手が足りていない業界なので、現場は大変忙しいと思います。また、お給料も同世代の平均に比べるとだいぶ低く設定されています。

やりがいはどんな時に感じる?

やりがいを感じる時は、担当する子どもだけでなく保護者の皆様にも感謝の気持ちを実際の言葉で頂けたときは特に感じます。

人間関係は?

人間関係に関してはやはり現場のほとんどで女性が大半を占めているからなのか、はきはきした方が多いので、うたれ弱い方だと最初は抵抗があると思いますが、慣れていくと思います。

保育士に向いている人は?

明るくはつらつとした方は、子どもや保護者、現場からも印象が大変良いです。また子ども好きで一生懸命な気持ちがあれば向いていると思います。


あかねのアイコン画像

あかね

ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で